親父 ゲイ 小説

親父 ゲイ 小説

親父 ゲイ 小説



09 汗が親父さんの肉厚の胸を伝わって、毛の生えた太鼓腹に落ちる。 俺は親父さんの話を聞いている間中、勢いよく越中の前垂れを押し上げて染みを広げようとしている自分のちんぽの存在を忘れていた。 「ぼんずも、今の俺と息子の話を聞いて、おっ勃てとったか?

親父さんの汗に海の男の味を感じると、俺の中のある部分が激しく反応する。 匠さんは前垂れを跳ね上げた越中褌の布越しに俺の肉棒にくらいつき、唾液でべたべたにしながらしゃぶり上げる。 ... 三太のゲイ小説 …

【注意】濃厚なホモ小説です。中年親父が好きな人以外はキツイと思われます。中年親父同士の、心と体の秘密の交流を描きます。若者と親父の話がここのところ多かったので、おじさん同士のお話… おじさんたちと。 その他,官能 / 完結 / 51p /

お爺さんが好き! 私が妻を亡くして初めて男を味わったのは40歳で相手は64歳の熟年さんでした。 酒の肴が豊富な呑屋で知り合い、常連同士で釣りの話やビリヤードの話で意気投合して三ヶ月程で身の上話をして、私が妻を亡くした事を話してからゲイだとカミングアウトされて 一度で良い ...

9/27:中編小説 新奇な保健体育を長編小説に移行,追加 9/27:投稿小説,体験談 genbuさんの小説 追加 2/16:中編小説 田舎の交番 2/16:投稿小説,体験談 ラガーマン日誌 追加 1/16:中編小説 新奇な保健体育 2015年 6/14:短編小説 路上 6/14:投稿小説,体験談 ラガーマン日誌 追加

ここから先は未成年にふさわしくない成人向けの文章が含まれています。 18歳未満の方、もしくはこのような小説を不快に感じる方は「入室しません」を選択し、fc2小説トップへお戻り下さい。

親父 ゲイ 小説 ⭐ LINK ✅ 親父 ゲイ 小説

Read more about 親父 ゲイ 小説.

6
7
8
9
10
11

Comments:
Guest
Most of us know how to say nothing, but few of us know when.
Guest

An optimist is a person who sticks on the stamp before addressing the envelope.

Guest
Drivers' licenses do not revoke walking privileges.
Calendar
MoTuWeThFrStSu